腰痛になりやすい人!その③【豊中市向丘で脊柱管狭窄症を専門にみる!さだもり整体】

腰痛になりやすい人!その③【豊中市向丘で脊柱管狭窄症を専門にみる!さだもり整体】

こんにちは!さだもり整体です(^^)

前回、腰痛になりやすい人チェック項目、①~⑥について1つ1つ説明しました。

日常生活において大切なポイント、さけたい姿勢など、前回のブログを読んで実行して頂いた方!その後の身体の調子はどうですか?

痛みやしびれに何か変化はありましたか(^^)?

変化や痛みが取れた!しびれが少しマシになったなど!何か嬉しい変化があれば、さだもり整体のLINE@からご感想を頂けると、とてもうれしいです✨

こちらをタッチ・クリックして頂くと、さだもり整体のLINE@に繋がります⇩

https://line.me/R/ti/p/%40zqu1797x

【11個中⑦~⑪の項目をチェック!】

では、前回に引き続き、今回も腰痛になりやすい人チェック項目を見ていきましょう!

ご自分が当てはまっている項目は、注意して読みましょう。

⑦履いているズボンが歩いているうちに、右か左にズレてくる。

当院に通われている患者さんにもおられますが、歩いているうちに、だんだんとズボンが左右のどちらかに捻じれてくる方いらっしゃいませんか?
それは、骨盤が左右のどちらかに捻じれている証拠なんです。骨盤がねじれていると、履いている下着やズボンがどんどんズレて、偏ってきます。

そんな方は上向きで寝たときに、ご自分の足のつま先をご家族に見てもらってください。どちらかが、外側に開いていることが多いいです。

そんな方は、自分でもできる骨盤体操で整えることができますよ。

骨盤が歪むとズボンがずれる

 

⑧椅子に座り、両足を大きく開いてみても120度までしか開かない。

または、開きにくいあなたは股関節の柔軟性が低いでしょう。足が開きにくいということは股関節周りの筋肉の硬さを表しています。股関節周りの筋肉は骨盤や腰の筋肉と密接な関係にあります。股関節が硬い方は、骨盤周りや腰回りの筋肉まで硬い可能性があります。

この辺りの筋肉が硬い人は、腰も硬いことが多く痛めやすい傾向にあります。

また骨盤が閉まりすぎていると、股関節を開きにくい傾向にあります。

脚を広げて座る

⑨椅子に座り、お尻に両手を当てて、お腹を前に突き出したり、後ろに凹ますことができない。

この動きは、腹筋の力や柔軟性をみてます。腹筋をしっかり動かすことができるぐらいの力をつけていないと、腰痛の原因に。腹筋の筋力が低下しているとお腹に力が入りにくく、腰を支えることが上手くできていません。

お腹の筋肉と、腰の筋肉がバランスよくついていることで、体幹を真っすぐにし支えます。お腹の筋力が低下していると体を支えることが出来ず、体が前傾姿勢になりがちです。すると腰の筋肉は伸ばされた状態になります。伸ばされた状態が続くと緊張し硬くなり、やがて痛みがでてくるようになります。

お腹をへこます

⑩上向きで床に寝たときに握り拳が腰と床の間に入る。

これは腰椎のカーブが正常かどうかを、ご自分で簡単に調べる方法です。

まずは畳やフローリングに上向きになって寝ましょう。寝た状態で握りこぶしを作り、ご自分の腰と床の間に入れてみてください。正常な腰椎のカーブをしていれば、握りこぶしが入りにくいと思います。

『全く入らなかった方』。正常な腰椎は前側に前弯(お腹側にカーブ)していますが、そのカーブがなくほぼ真っすぐな状態を表しています。腰椎がなぜ前側にカーブしているかというと、「走る」・「ジャンプ」・「転んで尻もち」をついた時の衝撃を和らげるクッションの働きをする為です。腰椎がまっすぐだと腰に衝撃がもろにかかってしまい、腰痛の原因といなります。

『すっぽり入った方』。それは腰の前弯(お腹側にカーブ)が強いことを表しています。カーブが強いと、姿勢が悪くなったり、腰に負担がかかりやすく腰痛の原因になります。腰椎のカーブは強すぎても、なさ過ぎても腰にはよくありません。

難しいですが程良いカーブが腰には最適なのです。

腰椎のカーブを正常にする体操は、またお伝えしますね。

腰の隙間に手をいれる

⑪鏡の前に立った時、両肩、両腰の高さが違う。

鏡の前に立ち、ご自分の身体を見たときに「あっ。左右の方の高さが違う!」「なんか、骨盤が傾いているな~。」「右の方がめっちゃ下がってる!」などなど。こんな違和感を感じたことは無いでしょうか。

左右の肩の高さが違う。骨盤の高さが違う。それは身体のバランスが崩れかかっている・崩れている証拠です。

基本は左右対称であることが正常です。左右差が1つでもどこかにあると、身体はバランスをとろうとして、更に左右差がでてきます。こうなると身体は次々と色んな部位でバランスをとろうとし、アンバランスの連鎖が続きます。

こういった左右差が身体にあると、常に負担をがかかった状態で日常生活を送ることになります。

身体に負担がかかりすぎると、体は痛みとなって警告を出します。

痛みがでる前に、身体の左右差を無くすことをお勧め致します。まずは鏡の前に立ってご自分の身体を確かめてみましょう。

両腰と両肩の高さの違い

以上が残りの項目⑦~⑪について説明でした。

「私は大丈夫!」「別に痛みとか無いから平気。」「普段か運動してるし、バランスなんて崩れていない!」とお考えのあなた。

本当に大丈夫ですか?

このブログを読んでいただいた方!1度は鏡の前に立ち身体のチェックや、腰と床の間に握りこぶしが入るか、入らないか確かめる。椅子にすわり、足を広げ股関節がかたくないかチェックしてください。

痛みが無くても、これから出てくる可能性だって十分にありますからね。

できれば痛みやしびれなんてあまり経験したくないですからね。痛み知らずの身体を目指しましょう!

【患者様へのお願い】

病院などの医療機関で詳しく検査を受けられた方は、その検査結果やレントゲン・MRIなどの画像が写っているCDーROMやコピー用紙を持ってきてください。

原因特定の時間が大幅に短縮できます。また治療時間の短縮につながる場合もあります。

また、あまりにも状態が酷い時は、適切な医療機関をご紹介することもできます。そうすることで費用や治療時間を無駄にしないといったことにもつながります。

ご協力お願い致します。

【坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなどの重症腰痛 産前産後の頭痛や恥骨痛に骨盤ケア アトピー性皮膚炎】

こういった事でお悩みのあなた方へ

✅腰痛や産後の骨盤の歪みを根本から改善したい!

✅長年苦しんでいる坐骨神経痛!腰や足の痛み・シビレを改善したい!

✅お父さんがなって苦しんでいた椎間板ヘルニアに私もなってしまった。同じような苦しみをしたくない。

✅病院で手術が必要と診断された脊柱管狭窄症!手術は絶対受けたくない。

✅痛みとシビレのせいで日常生活が辛い。この先は痛み知らずな健康体で生活したい。

✅産後の骨盤の歪みを治して、違和感や痛み根本からを取りたい!

とお考えの方。一度さだもり整体にご相談ください。

またご家族・ご友人・あなたの大切な方が痛みやシビレ・産後の骨盤で悩んでいましたら、さだもり整体の貞森と川上にご紹介ください。


産前産後の骨盤ケア・坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなどの重症腰痛・アトピーなどの専門整体院『さだもり整体』

院長 貞森大史  助産師 川上千草


【さだもり整体の様々な情報がとれる公式LINE】

https://line.me/R/ti/p/%40zqu1797x

⇧をタッチして頂くとさだもり整体の公式LINEに24時間つながります。

ご予約・ご相談・お問い合わせなど、いつでもご連絡下さい。

 

【さだもり整体の公式LINEご登録手順】

①上のURLをタッチすると、さだもり整体のLINEに繋がります。

②繋がりましたら、送られてきた文章にそってご返事ください

ご予約➡お名前・症状・ご希望メニュー・電話番号をお書きの上、送信してください。

ご相談➡お名前・ご相談内容をお書きの上、送信してください。

③内容を確認次第、こちらから返信いたします。

※LINEに繋がっただけでは、さだもり整体のLINEには表示されません。

※メッセージやスタンプ・絵文字を送っていただき、初めてトークが出来るようになります。

 

【さだもり整体の公式Instagram】☟フォローミー☟

⇒https://www.Instagram.com/sadamori_seitai

このURLを検索して頂くと、さだもり整体のInstagramに繋がります!

産前産後ママにためになる情報や、お得なプレゼントを配信中!

フォローしてお得な情報やプレゼントをゲット!


▼さだもり整体公式ホームページ

大阪・豊中市・向丘の妊娠中・重症腰痛と産前産後ママの骨盤矯正・体調改善専門院 さだもり整体

▼産後ママの骨盤矯正ページ

産後ママの骨盤矯正

お喜びの声①

お喜びの声

お喜びの声②

お喜びの声2

【さだもり整体の入口】

当院は豊中市向丘3丁目の『紳士服のAOKI』さんのとなりの建物にあります!

さだもり整体の入口の説明

赤い矢印の方へ進んでいただくと、車1台がギリギリ通れる通路があります。

 

さだもり整体の入口

入って頂くと、写真のような玄関が出てきます。

この玄関を入って直ぐ、15段ほどの階段がありますので、上がって頂くと、

さだもり整体の表札

『さだもり整体』の表示がドアの上に見えます。

部屋番号は【203号】です。

着きましたら、インターホンを押してください。

スタッフが『はい、さだもり整体です!』と言いますので、『予約しています〇〇です。』とお伝えください😄

そうしましたら、スタッフがお迎えにあがります🚪

 

またベビーカーでお子様と一緒に来院される方👶・腰痛や脚、膝の痛みで階段を一人で上がることが困難な方は、お電話いただければ、下までお迎えにあがりますので、遠慮せずにお電話で補助をお求めください📞

 

あなたのお悩み・痛み・骨盤ケア・赤ちゃんの事について、全て私たちにお任せください👍

 

【忙しいあなたの為に】

『仕事が忙しくて中々電話が…。』『育児・家事に追われて電話できない。』

そんなあなたの為に!さだもり整体では24時間、ご相談無料・ご予約を受け付けています!

こちらをクリック・タッチして頂くと、さだもり整体の公式LINEに繋がります。

お気軽に無料ご相談ください(^^)/

▼発行元

さだもり整体 院長:貞森大史

▼住所

560-0053

大阪市府豊中市向丘3-11-14 ピュアヒルズ向丘 203号

TEL   070-1800-1154

 

当院へのアクセス情報

住所〒560-0053 大阪府豊中市向丘3丁目11-43 ピュアヒルズ向丘 203
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは1日前までにご連絡下さい。
電話070-1800-1154
営業時間 10:00 – 20:00(最終受付 19:00) 時間外施術も事前のご相談に応じます。