【坐骨神経痛・ヘルニアを予防するデスクワークのやり方】豊中市・箕面市のお住いの坐骨神経痛やヘルニアでお困りの方を改善している!さだもり整体

ヘルニア・坐骨神経痛を予防するデスクワークのやり方

【坐骨神経痛・ヘルニアを予防するデスクワークのやり方】

こんにちは。さだもり整体 院長 貞森大史です(^^)/

今日は「坐骨神経痛・ヘルニアを予防するデスクワークの仕方」についてお話したいと思います。

 

前回お話ししましたが、

腰にかかる負担は、重たい荷物を運んだり、担いだりするような肉体を酷使するお仕事よりも、ほぼ座りっぱなしでデスクワークをされている方のほうが、腰にかかる負担が大きく、慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症などの病気にとてもなりやすいです。

実際に、当院に慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・脊柱管狭窄症で来院されている方の多くはデスクワークをされている方がとても多いです。

「長時間のデスクワークで腰が痛い」

「座っていると腰に痛みやお尻・足にシビレが出て困る」

「腰の痛みやシビレでい仕事に手中できない」…etc

デスクワークをされている方はこのような症状を訴えています。

なので、今回は、慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアなどの腰痛になりにくいデスクワークの仕方についてお話していきたいと思います。

【①正しい姿勢で椅子に座る】

イスに座る時、皆さんはどんな姿勢で座っていますか?

イスに座る姿勢が悪いと、通常よりも大きな負担が腰にかかり坐骨神経痛やヘルニアになってしまう可能性が高くなります。

なので、腰に負担の少ない正しい椅子の座り方をお伝えします。

正しい椅子の座り方

①座布団の下や椅子の上に、高低差がつくように巻いたバスタオルをしいて座ります。傾斜があると骨盤が自然に立つように座れ、腰の負担を減らすことができます。

②両足が地面にしっかりつく高さの椅子に座ること。

③体と背もたれに間がある時は、間にクッションを入れ上半身の力を抜いてもたれましょう。

これらのことを守ると、腰への負担が半減します。1日デスクワークで腰に負担をかける方、座っていると腰やお尻が痛くなったりシビレが出る方はチェックして実践しましょう。

【②1時間に1回は体を動かすこと】

イスにずっと座っていると、腰は曲がったまま筋肉が伸ばされ続け腰だけでなく、お尻の筋肉も硬くなっていきます。血流は悪くなり、柔軟性をどんどん失いいずれ腰痛を発症します。

それを防ぐために、1時間に1回は立って体を動かしましょう。腰のストレッチをしたり、休憩がてら歩くのもいいでしょう。

そうすることで、血流が良くなり筋肉が硬くなることを防ぎます。

簡単にできる腰のストレッチはこちらです。

1・腸腰筋ストレッチ

腰痛を防ぐ腸腰筋ストレッチ

①片膝を写真のように立て、背筋をのばします。両手を膝の上におきます。

②腰、おへそを突き出すように前方に体重を乗せていきます。※腰を反らしすぎないように、ゆっくりおへそを前に突き出しましょう。

③じんわりと前方に突き出したら、深呼吸をしながら15秒間伸ばしましょう。左右3セットを目安にストレッチしましょう。

そうすることで、背骨の真横についている「腸腰筋」という筋肉を伸ばすことができます。ここが硬い人は体が前に倒れがちになり、腰が常に曲がった状態になりやすくなります。

 

2・腰回し体操

腰回し体操

①足を肩幅ぐらいに開き、腰に両手を当てましょう。

②腰を時計回りに大きく回しましょう。※ゆっくり回し無理のないように回しましょう。

③3セットを目安に、左右に10回ずつ回しましょう

腰をまわすことで、腰周りにある筋肉がほぐれ腰痛予防になります。

【③腰を温める】

夏場はクーラーで冷えることがあるので、ブランケット巻いたり腹巻をしたりして腰が冷えるのを防ぎましょう。

冷気は足元からくるので、ズボンに履き替えたり脚にのブランケットをかけるのもオススメ。

寒さや冷えが苦手な方は、腰や足元にカイロを貼ってみましょう。

冷えは血流を悪くし、筋肉を硬くします。

温めることで血流を良くし、腰痛を防ぎます。

【まとめ】

以上が、坐骨神経痛・ヘルニア・慢性腰痛などを予防するデスクワークの仕方です。

同一姿勢を保つことは、体にとっては大きな負担となることもあるので十分注意しましょう。

イスに座る姿勢や、体を動かしたりストレッチする、腰まわりが冷えないように対策することで、ヘルニアや坐骨神経痛の予防になります。

こんな事かと思うかもしれませんが、ヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛で悩まされている方の9割以上はできていません。

ヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛などは普段の姿勢の悪さや、無理な動作などが積み重なって起こります。いわゆる日常生活のクセです。

こういった事を改善するだけでも、本当に大きく変わってきます。

ぜひ実践して腰痛を予防しましょう。

【患者様へのお願い】

病院などの医療機関で詳しく検査を受けられた方は、その検査結果やレントゲン・MRIなどの画像が写っているCDーROMやコピー用紙を持ってきてください。

原因特定の時間が大幅に短縮できます。また治療時間の短縮につながる場合もあります。

また、あまりにも状態が酷い時は、適切な医療機関をご紹介することもできます。そうすることで費用や治療時間を無駄にしないといったことにもつながります。

ご協力お願い致します。

【坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなどの重症腰痛 産前産後の頭痛や恥骨痛に骨盤ケア アトピー性皮膚炎】

こういった事でお悩みのあなた方へ

✅腰痛や産後の骨盤の歪みを根本から改善したい!

✅長年苦しんでいる坐骨神経痛!腰や足の痛み・シビレを改善したい!

✅お父さんがなって苦しんでいた椎間板ヘルニアに私もなってしまった。同じような苦しみをしたくない。

✅病院で手術が必要と診断された脊柱管狭窄症!手術は絶対受けたくない。

✅痛みとシビレのせいで日常生活が辛い。この先は痛み知らずな健康体で生活したい。

✅産後の骨盤の歪みを治して、違和感や痛み根本からを取りたい!

とお考えの方。一度さだもり整体にご相談ください。

またご家族・ご友人・あなたの大切な方が痛みやシビレ・産後の骨盤で悩んでいましたら、さだもり整体の貞森と川上にご紹介ください。


産前産後の骨盤ケア・坐骨神経痛・椎間板ヘルニアなどの重症腰痛・アトピーなどの専門整体院『さだもり整体』

院長 貞森大史  助産師 川上千草


【さだもり整体の様々な情報がとれる公式LINE】

https://line.me/R/ti/p/%40zqu1797x

⇧をタッチして頂くとさだもり整体の公式LINEに24時間つながります。

ご予約・ご相談・お問い合わせなど、いつでもご連絡下さい。

 

【さだもり整体の公式LINEご登録手順】

①上のURLをタッチすると、さだもり整体のLINEに繋がります。

②繋がりましたら、送られてきた文章にそってご返事ください

ご予約➡お名前・症状・ご希望メニュー・電話番号をお書きの上、送信してください。

ご相談➡お名前・ご相談内容をお書きの上、送信してください。

③内容を確認次第、こちらから返信いたします。

※LINEに繋がっただけでは、さだもり整体のLINEには表示されません。

※メッセージやスタンプ・絵文字を送っていただき、初めてトークが出来るようになります。

 

【さだもり整体の公式Instagram】☟フォローミー☟

https://www.Instagram.com/sadamori_seitai

このURLを検索して頂くと、さだもり整体のInstagramに繋がります!

産前産後ママにためになる情報や、お得なプレゼントを配信中!

フォローしてお得な情報やプレゼントをゲット!


▼さだもり整体公式ホームページ

大阪・豊中市・向丘の妊娠中・重症腰痛と産前産後ママの骨盤矯正・体調改善専門院 さだもり整体

▼産後ママの骨盤矯正ページ

産後ママの骨盤矯正・体調改善

お喜びの声①

お喜びの声

お喜びの声②

お喜びの声2

【あなたのLINEからご予約・ご相談できます】

さだもり整体では24時間、ご予約・ご相談を受け付けています!

施術中は電話に出れませんので、できる限りLINEからのご予約・ご相談をお願いしています

こちらをクリック・タッチして頂くと、さだもり整体の公式LINE@に繋がります。

お友達登録をして追加して頂くとメッセージが届きますので、その内容のそってご連絡お願い致します。

お気軽にご相談ください(^^)/

【毎月15名様限定!2980円】

あなたの辛い悩みや、困ったこと、苦しんでいることを私たちにお聞かせください。

オファー

お悩みの方は今すぐご連絡ください!

▼発行元

さだもり整体 院長:貞森大史

▼住所

560-0053

大阪市府豊中市向丘3-11-14 ピュアヒルズ向丘 203号

TEL   070-1800-1154

当院へのアクセス情報

住所〒560-0053 大阪府豊中市向丘3丁目11-43 ピュアヒルズ向丘 203
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは1日前までにご連絡下さい。
電話070-1800-1154
営業時間 10:00 – 20:00(最終受付 19:00) 時間外施術も事前のご相談に応じます。