【産後の骨盤ベルトって必要なの?】豊中市で唯一、助産師が産後の骨盤矯正している!さだもり整体

トコちゃんベルト着用指導

【産後の骨盤ベルトって必要なの?】

こんにちは。さだもり整体 助産師の川上です。

当院では、トコちゃんベルトアドバイザーが常駐し骨盤ケアの方法をご指導しています。

しかし、その方法や内容は様々で、その人にとって必要で最適な方法を指導できるようにしています。

 

その中の一つに骨盤ベルトも含まれています。

多くの種類のベルトが販売されていますが、当院での取り扱いは「トコちゃんベルト」です。

 

産後の骨盤ケアに、果たして骨盤ベルトは必要なのか??

今回は、そのことについてお話したいと思います。

 

【そもそも、産後の骨盤ケアの目的は?】

妊娠中には『リラキシン』という、体を緩ませる効果のあるホルモンが分泌されています。

そのホルモンによって、骨盤にも緩みが起き、出産がスムーズに進むわけです。

出産する際、必要になるこの『緩み』ですが、大きく出過ぎると妊娠期間中から腰痛や恥骨痛、下のトラブルなどが起こる原因にもなります。

産後は、適切に骨盤ケアを行うことで妊娠中・出産時に起きた『緩み』を元の状態に近い形まで締めていき、腰痛・恥骨痛、下のトラブルなどの不快症状を解消する必要があります。

また、妊娠中や産後に起きる体型の変化(お腹の緩み・お尻が大きくなるなど)の修正も可能になります。

そのための、産後の骨盤ケアなのです。

 

【骨盤ケアの手段にはどんなものがあるの?】

当院で実際に行っている骨盤ケアの方法のいくつかをご紹介します。

まずは、整体。

身体への負担を最小限に、最大の効果が引き出せるような呼吸法を用いた整体を行います。

身体のバランスを徹底的にとっていくことで骨盤も引き締まりやすい状態になります。

また、産後2か月前後には妊娠中から分泌が始まった「リラキシン」の分泌が続いているため、整体の効果は通常時の数倍出やすいと言われます。

そのような意味においても、短い期間に効果を出したい場合にオススメの方法です。

 

次に、体操。

骨盤に生じる歪みやズレを整える体操を行います。

種類はたくさんありますので、身体に合った種類の体操をお伝えします。

気持ちいいなぁと思いながらの体操は、効果が数倍になりますので是非継続して行ってもらいたいものです。

コツコツ継続してセルフケアを行いたい人にはとても効果的です。

 

そして、トコちゃんベルトの着用指導。

本来、自分の筋力や靭帯の力で支えている骨盤ですが、出産前後には自身の力では支えられない程の緩みが起きてしまう人がいます。

整体や体操で整えた状態をキープするために、自身の筋力が回復するまでの期間に使用してもらうのが骨盤ベルトです。

特に、身体に不調がある人にとってはサポートするアイテムとして効果的だと思います。

しかし、いつまでもベルトに頼っているのも問題ですので、産後には身体に負担のかかりすぎない程度で筋力をつける体操も併せて行っていくことが必須です。

2~6ヵ月もすると、『緩み』の原因である「リラキシン」の作用は無くなってきますので、その安定の時期には骨盤に歪みや必要以上の緩みがない状態にしておくことが不快症状を引きずらないポイントです。

 

【骨盤ベルトの必要性】

ここまでお話したように骨盤ベルトは『緩み』が原因の不快症状がある人にとって、大きな支えとなるアイテムです。

しかし、素材や作りによっては強く締めすぎることによる弊害もありますので、逆効果にならないアイテムを選択する必要はあります。

また、良い物でも使い方を間違えると良い効果を感じられないこともありますので、正しく使用することも大切です。

そのため、自分にとって必要なのか、また必要であれば正しい使用方法はどんな方法か、など専門的に学んだ人からの助言や指導を受けることもオススメです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

骨盤ベルト

当院へのアクセス情報

住所〒560-0053 大阪府豊中市向丘3丁目11-43 ピュアヒルズ向丘 203
予約予約制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは1日前までにご連絡下さい。
電話070-1800-1154
営業時間 10:00 – 20:00(最終受付 19:00) 時間外施術も事前のご相談に応じます。