loader image

絶対にアトピーを完治させる方法

2022/03/06 | アトピー

この記事を書いた人

<p><a href="https://sadamori-seitai.com/author/takeshi-sadamori/" target="_self">貞森大史</a></p>

貞森大史

鍼灸師・柔道整復師。 自身も重症のアトピーを克服した経験を持ち、整体での症状改善を目指しアトピー回復整体を行っている。
絶対にアトピーを完治させる方法

私は幼い頃アトピーに苦しみました。 アトピーが治らずいくつもの病院を受診し、手術まで受けたのに治りませんでした。でも今はアトピーに悩まされるこはありません。

アトピーを改善するには、皮膚科にいって薬をもらってただ塗っておけば治るという訳ではありません。
もちろん、薬のみで治る方もおられますが、何年もアトピーで悩んでいたり、痒みや炎症が強い方、浸出液がたくさん出ている方は、薬だけでは治りづらいと思います

現在もアトピーで悩んでいる方の為に、アトピー肌がキレイに改善する方法を皆さんにお伝えしていきます。私と一緒にアトピーを改善していくために、これから書いていることをしっかり読んでください。

アトピー改善の第一歩!自分のアレルギーを把握すること

アレルギー検査を受ける

アトピーを改善するための第一歩は、ご自身の体が何に対してアレルギーがあるのかを把握する必要があります。

アレルギーは体の痒みや湿疹など引き起こす恐れがあります。知らず知らずアレルギーを摂取したり、肌に接触している恐れがあります。なので、アレルギー検査をしていない方は、必ず病院で受けてください。受けるときは、調べる項目が一番多い検査にしましょう。項目が少ないと、何に反応しているのかわかりません。また、何年も前に受けたままの方も、必ず受けてください。今は違うものに反応している可能性があります。

アレルギーを把握する方法はアトピーとアレルギーの関係についてに詳しく書いていますので、そちらをご覧ください。

糖質を控えてアトピーを改善

実は糖質はアトピーを悪化させる要因になります。要因の一つとしては、糖質を摂取すると体内でエネルギーに変わる時に体温が上がります。この体温が上がる時に痒みを出やすくしたり、炎症を酷くさせてしまいます。

また、糖質の代わりに人工甘味料をたくさん摂取してる方もいらっしゃいますが、これはもっとダメです。人工甘味料はアレルギーを引き起こしたり、免疫に深く関与する腸内環境を壊してしまいます。

糖質や人工甘味料をできるだけ控えるようにして、タンパク質やビタミン、ミネラルなどをとり、痒みや炎症をしっかり抑えていきましょう。

糖質について、詳しく知りたい方は、無理のない糖質制限でアトピーを改善をご覧ください

ステロイド治療を間違えると危険!ステロイドの正しい使い方

アトピー治療に必要なステロイド

アトピーの治療で皮膚科に行けば、ステロイドを処方されませんか?私も昔アトピーで治療を受けていましたが、皮膚科に通院している時は必ずと言っていいほど処方されました。

このステロイドですが、使用方法や体の状態、使用するタイミングを間違えると改善しないどころかだんだん悪化したり難治性のアトピーに移行する恐れもあります。

ステロイドの塗り方は、症状が出ているところに、やみくもに塗ればいいわけではありません。塗る場所は、痒みがあるところです。症状が出ていても、痒くないなら塗らないでください。そこはステロイドを塗らなくても自然と治ります。そして痒みが治まっても1週間は塗り続けてください。大事なのは、アトピーの原因である炎症をしっかり鎮めることです。

ステロイドについて、ステロイドの本当の塗り方につては、アトピーを改善するステロイドの本当の塗り方をご覧ください。

食習慣はアトピーを根本から改善する重要な要素

アトピー改善に必要なたべものとは

何を食べるのかはアトピー改善にとても重要です。何故かという、食べ物から得た栄養素が皮膚の修復や再生の材料になるからです。食べ物から得た栄養素は血液と一緒に全身に回ります。回りながら傷ついた皮膚に栄養を送り、アトピーを治していきます。

なので、初めはしっかり食べることから始めましょう。少食な方はちょっとずつからでかまいません。暴飲暴食してしまう方は、腹八分にしましょう。その次に肌の再生や修復を促すような栄養を意識して摂取すること。タンパク質、ビタミン類、ミネラルなどなど、バランスよく食べましょう。

アトピー改善のための食習慣については、こちらの記事で紹介しています。

運動しない人はアトピーの治りが悪い

運動をしない人はなぜアトピーの治りが悪いのか

『アスリートにアトピーなし』
これは有名な皮膚科の先生から教えて頂いた言葉です。

何が言いたいのかというと、アトピー治療に運動は欠かせないということです。
なぜ必要かというと、体を元気にするミトコンドリアを活性化させる、汗をかくことで皮膚の保湿やバリア機能を高める、血流を良くし皮膚を修復する栄養素を送る、代謝をあげることでターンオーバーが正常に働き始める、皮膚の免疫機能が上がる、辛い乾燥が解消される、などアトピーを治すには良いこと尽くしです。

ですが多くの方は運動をしていません。していても、継続ができていません。なかには「運動をするとアトピーが悪化する」という理由でしない人もいます。確かに、運動をすると悪化してしまうケースもあります。が、これは正しい対処ができていないからです。正しい対処をすれば、悪化するどころか、だんだんとアトピーは改善していきます。

まずは、20分ウォーキングから始めましょう。運動はストレスも軽減させるので、とてもいいです。コロナ過で外出を控えている方は、自宅でエアー縄跳びやスロースクワットをしましょう。エアー縄跳びは、1分間飛んで20秒休むを、2セットしましょう。スクワットは、4秒かけてしゃがむ4秒かけて立つを10回しましょう。終わった後はストレッチで筋肉をほぐしましょう。

重要!継続した運動がアトピーを早期改善するに詳しく書いていますので、こちらをご覧ください。

アトピーと保湿の落とし穴

アトピーと保湿

アトピー肌に保湿クリームを塗っていませんか?保湿をするたびにピリピリする、痒くなる、湿疹や紅斑が酷くなるなど、こんな経験はありませんか?

実はアトピーが悪化する原因は使用している保湿クリームのせいかもしれません。

『保湿っていけないの?』『病院でも処方されるから大丈夫なのでは?』と思っている方も少なくないと思いますが、その保湿剤があなたの肌に合っていないせいで酷くなっている可能性があります。なぜかというと保湿クリームには多くの人工添加物が使用されていて、肌の保湿を保つために使用されている成分が肌によくありません。

なので、まずは自分に合う保湿剤を探してください。できたら、無添加のものから選んで試しましょう。無添かだから必ず肌に合うとは限らないので、ちょっとずつ使用して、ピリピリしたり、痒みが出たり、違和感を感じるようでした合っていないかもしれないので別のものを探しましょう。

質のいい睡眠はアトピーを早く治す

アトピーの回復を早める睡眠について

しっかり睡眠をとれていない人のアトピーの治りは悪いです。それぐらい睡眠ってアトピーの回復にに影響します。

疲労した体の疲れをとろうと思ったら寝ますよね。ぐっすり眠れることができたら疲労感もなくなりスッキリしませんか?アトピーも同じで、寝ている間にホルモンが放出され、皮膚の修復や再生をうながします。

しっかり寝ていますか?睡眠時間はとれていますか?熟睡感はありますか?そうでないのであれば、ちょっとずつでも眠れる体づくりをしましょう。質のいい睡眠はアトピー改善を早めます。

使っている寝具はあなたに合っていますか?枕が高くて合わない、掛布団をかけると熱くて眠れない。敷布団が硬くて寝付きにくいなどなど。これでは体が休まりにくいので、ぐっすり眠れるように、あなたにあった寝具選びをしましょう。

また、寝る直前までスマホやテレビ・パソコンを見たり、アルコールやカフェインを摂ったり、42度以上の熱いお湯にはいったりしませんか?これらは、交感神経(体を活発にする神経)が昂り、寝付きにくくさせます。
寝やすくするには、寝る2時間前から間接照明に切り替えたり、白湯をを飲んだり、寝る前に38°~40°くらいのお湯に10分間浸かるようにしましょう。

アトピーはあなたの体の状態に合ったケアで必ず治る

いかがでしたでしょうか。知っていることも、知らないこともたくさんあったかと思いますが、これらを適切に継続していけばアトピーは治ります。

軽度のアトピーは比較的に治りが良く、薬だけでも回復していきますが、重度のアトピーになると、様々な要因が複雑に絡み合って、自分でも想像していないような原因が絡んでいることもあります。こういった時は一つ一つ原因を紐解いていくことで、症状は少しずつ緩解していきます。

アトピーが治らないと諦めずに、まずはこのブログを読んで、できることから始めてください。

当院ではアトピーを根本から改善する施術や日常改善をしています。お困りの方はいつでもご連絡ください。

この記事の関連記事

ご予約・お問い合わせはこちら

LINEで予約

LINEでご連絡

ネットでお問い合わせ

ネットでご連絡

電話で予約

070-1800-1154